一人暮らし 家賃

一人暮らしにかかる家賃

一人暮らしの支出の中で一番費用がかかるのは、やはり家賃でしょう。

 

まず、入居時には敷金や礼金、仲介手数料がかかります。

 

敷金は家の修繕が必要になったときや、家賃の滞納があったときなどに、
この敷金から差し引かれます。

 

敷金は地域によって保証金などと呼ばれることもあり、
だいたい家賃の2か月分程度が相場です。

 

また礼金は仲介手数料とも呼ばれ、
大家さんや不動産会社に支払うもので、このお金は戻ってきません。

 

礼金や仲介手数料は家賃の1か月分くらいが多いようです。

 

こうした敷金、礼金や家賃だけでも
最初に家賃の数か月分のお金が必要になってきます。

 

そのほか、入居時にカギの交換費用や室内のクリーニング代などを
請求されることもありますので、事前に確認しておくようにしましょう。

 

一人暮らしにかかる家賃は、
毎月の支払いに支障がない金額かどうかを調べておきましょう。

 

家賃は一人暮らしの費用の中でもかなりの比率を占めますが、
収入に対して3割程度までに抑えるようにしましょう。

 

自分の収入の範囲内で家賃が支払えるよう、
家賃のシュミレーションを行っておくとよいでしょう。

 

一人暮らしなら広さはワンルームの部屋で良いと思いますが、
住む場所によって家賃はかなり差が出てきます。

 

都市部であったり、電車の駅が近いといった
交通の便の良いところは家賃も高くなってきます。

 

地方や郊外に行けば家賃も安くなりますが、
職場や学校までの交通費や時間がかかるので、
場所と家賃のバランスを考えた部屋を探しましょう。

 

一人暮らしでも各人が重視するポイントによって、
コストをかけたり節約したりできるはずです。

 

駅から近くなくても良いから広い部屋が良いとか、
セキュリティがしっかりしているほうが良い等、
譲れる条件と希望する条件を上手に満たせる物件を探してみるとよいでしょう。

 

一人暮らしの場合は収入も限りがありますので、
家賃にかけられる割合を考えながら部屋探しを進めましょう。