一人暮らし 生活費 平均

一人暮らしの生活費の平均金額

一人暮らしをするにあたって必要な費用はどのくらいでしょうか?

 

住む場所や環境、地域による差は大きいですが、
全国平均で1か月約12万〜13万円くらいだと言われています。

 

学生ならばこの生活費の6割ほどは、
親からの仕送りによってまかなわれているようです。

 

社会人は学生の時よりも収入は増えても、親からの仕送りはなくなるので、
収入の割には学生時代と生活のレベルは変わらない…という人も多いようです。

 

むしろ社会人になるとスーツや通勤着などの服飾費や交際費も増えるので、
若いうちは生活に余裕があまりないかもしれません。

 

また、一人暮らしの毎月の生活費は12万程度ですが、
これから一人暮らしを始めるとしたらかなりの費用がかかります。

 

部屋探しの費用や引っ越し代、家電や家具、日用品など、
一人暮らしを始めるときに必要な費用はかなりかかります。

 

ちなみに一人暮らしを始めるまでにかかる費用の平均は、
一般的に50万程度と言われています。

 

もちろん、家具や家電、家具などをどのくらい買いそろえるかによっても変わってきます。

 

友人などから譲ってもらって中古品などを利用したり、
今まで使っていたものを使うなどして初期費用を抑えるようにするとだいぶ変わってきます。

 

都市部など場所によっては家賃の相場も高いので、
家賃などの住居費に多くかかる場合もありますから注意が必要です。

 

一人暮らしの平均費用が12万円というのは最低限の生活費なので、
もっと飲みに行きたいとか、もっとおしゃれをしたいと思うようなら
さらに費用がかかることを頭に入れておきましょう。

 

生活を続けていれば怪我や病気などの突発的な費用や冠婚葬祭費用など、
予定外の費用も発生してきますので、
ある程度余裕をもった資金計画を立てておくようにしましょう。