一人暮らし 水道代

一人暮らしでかかる水道代

水道代は光熱費の中でも比較的安いので、
節約しやすいわりに金額的な効果は少ないかもしれません。

 

一人暮らしにかかる水道代の中でも、
お風呂は一番多くお水を使っているのではないでしょうか。

 

そのため、お風呂に関するお水を節約すれば、
節約効果はかなり上がるでしょう。

 

冬場ならあまり汗をかかないので毎日入らないようにすることもできますし、
お風呂のお水を翌日に使うという方法もあります。

 

夏場なら軽くシャワーで済ませることもできますので、
それだけでも毎日お湯を溜めることと比べればかなり水道代の節約になります。

 

シャワーとお湯はりならシャワーのほうが水道代の節約になるからといっても、
シャワーを流しっぱなしにしては意味がありません。

 

頭を洗ったり体を洗ったりするときは、こまめにシャワーを止めるようにしましょう。

 

流している時間が長いと、その分、お水を使ってしまいます。

 

冬場でも体が温まらないからと言ってシャワーで長時間あたっていると、
結局、お風呂にお湯を溜めたのと同じくらいのお水を消費していた…
ということにもなりかねません。

 

体をしっかり温めたいときは、むしろお風呂にお湯を張ったほうが
水道代やガス代の節約になる可能性もありますので、バランスを考えましょう。

 

そのほかにも、歯を磨いたり顔を洗ったりするときにも
こまめに水道を止めるようにしましょう。

 

光熱費を意識していなかった頃は、
水を出しっぱなしにしてシャワーや歯磨きなどを行っていた人も多いのではないでしょうか?

 

一人暮らしをするときは、こうした生活費などの費用も
全部自分で支払わなければなりません。

 

今まで以上に節約できるところはこまめに節約して、
生活に支障が出ないように気を付けましょう。