大学生 一人暮らし

大学生の一人暮らしの費用

大学生が一人暮らしを始めるときは、
進学するタイミングと同じ人が多いのではないでしょうか。

 

大学生は親からの仕送りがあるかもしれませんが、
自分の収入といえばアルバイト代になるでしょう。

 

親からの仕送りと自分のアルバイト代を合わせた分に
見合った家賃の部屋を借りるようにしましょう。

 

出来るだけ家賃を抑えるためにもアルバイトをしたほうが良いですが、
かといってアルバイトばかりしているようでは学生として本末転倒ですので、
バランスを大事にしましょう。

 

例えば家賃が6万円程度の部屋として、大学生の一人暮らしなら
1か月に家賃も含めて12万円〜13万円程度あれば生活できるでしょう。

 

一人暮らしをする場所が都心だと家賃も高くなってしまいますが、
郊外に住んだり、家自体の条件を下げれば
少しでも家賃を抑えることが可能です。

 

大学のカリキュラムにもよりますが、大学1〜2年生のうちは授業数も多いので、
アルバイトをする時間が取れない学校や学部もあります。

 

また、3〜4年生になると就職活動も学業と並行して行わないといけませんので、
まとまった時間が取れずにアルバイトもあまりできないかもしれません。

 

自分が頑張ってアルバイトすれば大丈夫と思っていても、
現実的にはなかなかアルバイトの収入に頼れない場合もあるかもしれませんので、
家賃など抑えられるところは抑えるようにしておきましょう。

 

大学生の一人暮らしは、親からの仕送りに頼るところが大きいはずです。

 

一人暮らしを始める前には両親と仕送り額について相談したり、
生活費の使い方などをしっかり話し合いながら進めていくようにしましょう。

 

仕送りとアルバイト代を考慮して生活費を決めるよう、
最初にシュミレーションしておくとイメージしやすいです。

 

実際の金額を紙に出して書いたり、予算をたてたりして
一人暮らしの費用を洗い出しておきましょう。

 

費用は少し余裕をもって考えておくのがポイントですね。